クレジットカードの体験談♪

クレジットカードに詳しい職場のスタッフに勧められてKCカードを契約しました。当初の目的は公共料金や固定資産税の支払いをコンビニで行う際にナナコチャージでもポイントが付く事でした。

ですが、契約する頃にはそのナナコチャージのポイントが以前の額より半額になりました。しかもポイント10倍等のキャンペーンをしている時はその適応外になったのです。しかし、折角契約したので勿体ないので使用する事にしました。カードが手元に届く頃には自分で他のクレジットカードの内容も調べてみるともっと他のクレジットカードが魅力的に感じそちらのカードを契約ました。その上、コンビニ支払いではなくそのままクレジット決済の方が安い事に気が付きました。ですので、KCカードは時たま気が向いた時に使用するカードになりました。KCカードのサービスは累計ポイントごとにボーナスポイントが貰えいます。2000ポイントで1000ポイントもらえるので貰えるポイントの量がハンパない所が特典です。他にも10倍ポイントセールもあります。その二点がかなり興味を魅かれる所でした。

KCカードを契約して次のライフカードを契約してライフカードに公共料金の決済を契約移行している間や固定資産税の支払いにチャージをする時に使用していました。それでも直ぐに2000ポイントが貯まり1000ポイントをボーナスとして貰いました。そのまま次は10倍ポイントの時に沢山買い物をしようと待っているあっという間に1年が経ちました。その間、1回も10倍ポイントの通知は来ませんでした。その事を紹介してくれた人に聞くとその方は2回あったとの事。よくよく聞くと何か買い物をしの頻度や使い方で10倍ポイントのキャンペーンが個人的に連絡来るとの事です。私は契約者全員同じ時期に来るものだと思って待っていました。待っているだけでは10倍ポイントの時期は来なかったのです。それを目的にしていた事もあったので次回からはしっかり買い物をしてポイントを貯めようと考えていましたがその2カ月後にポイントの失効期限が来る事を知りました。その失効分を巻き返すのに50万円分の買い物をしなくてはいけません。公共旅金もクレジット払いしているのでそんなに使う予定はありません。今の生活ではこのカードの旨味を感じる事は出来ないと判断し解約する事にしました。

card2

体験談②

社会人になって、生まれて初めてクレジットカードを作ることを決心しました。なるべく維持費をかけることなくクレジットカードを所有したかったので、年会費や入会金が一切掛からない楽天カードというクレジットカードを持ちました。ただ、お金を実際に触ったりせず、現金を扱わずに買い物出来てしまう点から、クレジットカードの存在に慣れるまでは使いすぎてしまったり、予想以上に支払い請求が来てしまうことがあり、親からお金を借りたことがあります。クレジットカードはお金を直接扱わなくても買い物出来る特性があるので、使いすぎや買いすぎにはかなり注意する必要があります。一回払いをリボ払いに変更したり、分割払いに変更出来たり、楽天カードはwebで手軽に支払い方法を調整出来る便利な機能があるのですが、安易にリボ払いを選びすぎてしまった結果、かなり支払額が40万円ほどに膨れてしまい、毎月地道に2万程度払ってもなかなか一向に残額が減らなくて困ったことがあります。リボ払いはとても便利ですが、利息が嵩んでしまうので、借り入れが膨らむと少額ずつ支払っても完済出来るのはかなり先になってしまうケースも多いです。

たまたま交通事故に遭って慰謝料が入ったので、それを使ってリボ払いで借り入れていた40万円をどうにか返済することが出来たのですが、安易にリボ払いを続けるのはかなり勿体無いと思うので、一刻も早く完済した方がおすすめです。ついネットショッピングに熱中したり、デパートで調子に乗って洋服を買ったり、カードを持ち始めた頃は嬉しさのあまり、自分の収入とカードの支払いが上手く吊り合わない時期もありました。現在はカードの使い方にも慣れてきたので無計画にクレカを使いすぎることはなくなりましたが、カードの請求額が払えず親に泣きついたこともあるので、何も考えず収入以上にカードを使うのは本当に失敗だと思いました。

海外旅行保険を活用できたり、楽天カードなら利用金額の1%分をポイントとして還元させられたり、悪いことだけでなくカードを使ってよかったこともたくさんあります。カードを持って一番正解だったことは、ネットショッピングが非常に便利になった点です。代金引換を選んだり銀行振込をする場合と違って、数百円程度ながらも余分な手数料を支払うことも皆無になり、無駄な支出が減らせました。